美術家 川尻潤の仕事「日本美」を追求する美術家・陶芸家である川尻潤の悩める作陶の日々

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
大皿のクラック! 09:58
 ずいぶんご無沙汰ですが、遊んでいたわけでもありません.
(笑)

ご注文の大皿、大皿といっても巨大です。口径約45センチ!

大きいと実は様々なトラブルが起きやすいのです。乾燥するときに淵から乾いてゆきますが、そのとき収縮しようとする淵の部分とまだ乾いていない中心部に力の差が生じ、結果淵にクラックが入ります。

乾燥・素焼き・本焼き・という過程のなかで、このクラックが発見されずにいわば潜伏して、最後の上絵の窯で出現することがあります。

てなことでまた生地から作り直しですが、まあ、私の場合、大きな作品が多いので慣れっこではあります。

IMG_2328.JPG

IMG_2330.JPG
| - | comments(2) | trackbacks(0) | posted by カワジリ -
Comment








ここまで来て!!!!! 
って感じですが、打たれ強くなりますね(汗)

外に向かって伸びる花びら?
勢いと余裕を感じます。
次は成功しますように。
posted by ひろし | 2013/08/03 4:55 PM |
ひろしさん、こんにちは。
そうですねえ、陶器の仕事って、こういうことがどうしても起きますねえ。
今、3枚作って乾かしています。どれかは生き残って(笑)くれるでしょう。
応援ありがとうございます。
posted by カワジリ | 2013/08/06 7:59 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://teizan.jugem.jp/trackback/166
<< NEW | TOP | OLD>>